エンゲージリングの特徴【結婚指輪と交換して付ける事が前提】

サイズの測り方

手

サプライズの時

結婚指輪は、婚約をして結婚式の日取りなども決まってから二人で買いに行きます。もちろん実際に指にはめ足りしますし、サイズを測ったりします。ですからよほど何かない限りサイズが合わないなどはありません。ではエンゲージリングを購入するときはどうかです。こちらも一緒に買いに行くなら特に問題はありません。指のサイズを測ってもらい、それに合わせて作ってもらえば済みます。しかし男性としてはあることをしたいと考えるでしょう。エンゲージリングをプロポーズの時のサプライズとして渡したいと考えている人は多いです。となると事前にエンゲージリングを作っておく必要があります。デザインなどは事前に好みなどをうまく聞き出せばいいですが、問題は指のサイズです。サイズを直接聞けばサプライズになりません。そこでエンゲージリングを相手に知られずこっそり購入するときの対応方法を確認しておきましょう。まずはリングゲージの利用です。指のサイズを測定する専用のアイテムです。相手が寝ているときなどを見計らって指にはめ、そのサイズを固定させてショップに持って行きます。これでサイズの問題が解決できます。その他実際にしている指輪とリングゲージを合わせてサイズを測る方法もあります。サイズがぴったりの方がよりサプライズ性が増します。事前にサイズを測らない方法もあります。多くの指輪はサイズの変更が可能です。少し大きめに作ってもらっておき、後でサイズの調整をします。サプライズ性は少し弱くなります。

Copyright© 2018 エンゲージリングの特徴【結婚指輪と交換して付ける事が前提】 All Rights Reserved.