エンゲージリングの特徴【結婚指輪と交換して付ける事が前提】

新郎新婦

ドレスの種類や特徴

ウェディングドレスはレンタルが多いですが、安くない金額がかかるので慎重に選ばねばなりません。Aライン、プリンセスライン、エンパイヤライン、マーメイドライン、セパレート、ミニなどの種類があり、それぞれ特徴が異なるので試着して決めるのがおすすめです。

花嫁

人気のスタイル

ウエディングドレスよりも二次会ドレスのほうが、色も形もいろんなデザインがそろっています。できるだけ動きやすくて、人気のあるスタイルのドレスを選びましょう。花嫁さんの二次会ドレスの選び方についてご案内します。

手

サイズの測り方

エンゲージリングをサプライズで渡したいとき、相手の指のサイズを知らない状態で購入しないといけません。サイズを知る方法として、リングゲージと呼ばれるアイテムを使うことがあります。その他後でサイズ調整をすることもできます。

新郎新婦

安く利用でき選択肢も豊富

ウェディングドレスは購入する人よりレンタルの方が人気があるようです。購入よりもリーズナブルに利用できる点や、収納の手間がかからない、収納スペースを取らない点などが理由です。多くのデザインから選べる点も人気の理由になっています。

新郎新婦

種類を調べてみよう

花嫁さんの二次会ドレスには種類があります。二次会の会場や内容に合わせて選びましょう。ドレスではなく、ワンピースでも場合によっては構いません。また、カラーやデザインは結婚式と違うものを選ぶことをおすすめします。

結婚指輪と婚約指輪の違い

新郎新婦

違いの特徴を把握しよう

恋人同士ということでペアリングをはめているカップルがいます。お互い同じ指に輝く指輪は、愛を感じるでしょう。ペアリングに憧れる方も少なくなく、指輪専門店ではペアリングやブライダルリング、エンゲージリングなどを扱っていることが多いです。エンゲージリングとは、婚約指輪のことで、結婚指輪は基本的に同じ指にはめる物ですが、その意味合いは多少異なります。まず、デザインがほぼ異なっており、エンゲージリングには1点宝石が入っています。さらに何らかの装飾が施されている事が多い特徴があります。結婚指輪は日常生活において付けている時間が長い為、シンプルに作られています。その為、装飾を施されていない事が多い事が特徴です。この様に基本的は見た目で判断できる物が多く存在します。次に付ける期間にも違いがあり、エンゲージリングは結婚式や結婚指輪を購入するまでの間にはめておく物になります。結婚指輪は結婚式において指輪の交換を行って以降や結婚指輪ももらった後に付ける事が一般的です。基本的にエンゲージリングは結婚指輪と交換して付ける事が前提になっています。ではエンゲージリングをつける時期ですが、こちらは本人の好み次第になります。エンゲージリングをプレゼントされた当日や結婚指輪をもらうまでの間など、様々です。プロポーズをされる際にプレゼントとしてわたされる定番のアイテムがエンゲージリングとなっており、様々なデザインの物があります。シルバーの物やゴールドを基調とし、装飾やダイヤモンドが1点付いている事も多く細身のデザインの指輪が多いのも特徴です。しかし、相手の好みに合わせて太みの指輪を送る方も増えてきています。相手の職場環境によって指輪のデザインなどを考慮しながら購入する事も重要です。

Copyright© 2018 エンゲージリングの特徴【結婚指輪と交換して付ける事が前提】 All Rights Reserved.